人生を変える本3冊目

 

 『ぐでたま哲学』

 

です。

え、何?

そもそも『ぐでたま』ってと思いますが、しばしお付き合いを・・・

 

TBSの朝のニュースのコーナーに出てくる『ぐでたま』

 

知っていたのですが、ここまで人気があったことを初めて知りました。

しかも『ぐでたま』はサンリオのキャラクターだったんだとビックリです。

 

その『ぐでたま』の人気は広がっており、

「つい心を奪われてしまう!」「言葉が胸に刺さる」と

「ぐでたま哲学」という本も第2弾まで、出版され、

Twitterのフォロワー数も25万人を突破しています。

『ぐでたま』のキャラクター設定が、

 

「味、つや、弾力、栄養価、バリエーション豊富な調理法などで優秀だけど、
ただ食べられられる運命に絶望し、競争社会で生きていることをあきらめている」

 

何か何処かで聞いた話ですね。

 

なので、実際本を手に取って見ました。

本に基本的に諺をいじったものが書かれており、

例えば、

「犬に論語」が「ぐでたまに論語」

それに

やってみせ、
言って聞かせて、
させてみて、
ほめてやっても、
微動だに動かず。

という文章が添えられて、「おい」とつい突っ込みを
入れたくなってしまいます。

ゆるきゃら?で、このやる気のなさ、胸に刺さる発する言葉が
人気の秘密なんでしょうね。

 

最後に、誰が考えたのか、この言葉は一理ありと納得してしまいました。

 

人生、人間関係が面倒くさかったり、
なかなか思いどおりには進まなかったり、
理不尽な叱られ方をしたり、
努力が報われなかったり。
谷もあれば、山もあって、
いいときもあれば、悪いときもあって、
ぜーんぶ「ええい!」って
投げ出したくなるときもある。

でも、ときには、
「あー、もー、ムリ!」
って声に出して言っちゃえば?
来年には笑い話、
100年後には、
ど~でもいい話に
なっているから。

 

とてもぐさっと、胸に刺さりしました。

つらいと思った時、こういう本を読むのいいのではないかと思いご紹介させて頂きました。

ブログランキングに参加中です。
応援して頂けますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自分らしさブログランキング