孔子の「論語」にこのようなものがあります。

「子曰く、
吾れ十有五にして学に志ざす。
三十にして立つ。
四十にして惑わず。
五十にして天命を知る。
六十にして耳従う。
七十にして心の欲する所に従って、矩を踰えず。」

翻訳すると

「私は十五才で(学問の道に入ろうと)決めた。
三十才で(学問に対する自分なりの基礎)を確立した。
四十才で戸惑うことがなくなった。
五十才で天命を悟った。
六十で何を聞いても動じなくなった。
七十になってからは、心のおもむくままに行動しても、道理に違うことがなくなった」

になります。

四十才で戸惑うことがなくなったとは

40歳の時に知力などの面で最高期になるので、判断力が優れた状況になるという意味です。

でも40歳になったら本来の意味で色々惑うもの。

40歳~42歳という年は、厄年にあたる年。

また体力的にて衰え始める時期でもあり、

そして会社中心の働き方の一面性に疑問を感じ始める人も多い。

人生80年と考えると、40歳というのは、人生の折り返し地点。

 

 

 

『惑っていもいいじゃない、人間だもの』

 

 

人生、先のことなんて誰も分らない。

不安になることもあるかも知れません。

でも分らないからこそ、これから起こることが

『楽しみ』とも言えます。

 

戸惑いこそが人生ですね。

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

hanko

 

ブログランキングに参加中です。
応援して頂けますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自分らしさブログランキング