今回のパワースポット巡りの旅は、

埼玉県の奥秩父、標高1102mの険しい山の中にある『三峯神社』

 

1日のこの日は、普段頂ける「氣守」とは違う「白」の「氣守」を頂けるということで足を運んでみました。

このお守りを入手するためだけに参拝する人もいるそうです。

氣守

三峯神社行きの朝一番9時10分のバスに乗るため、

朝6時近くの電車に乗り込み、西武秩父駅を目指します。

 

駅に着き、三峯神社行きのバス停に向かうと一台のバスが停まっていたのですが、既に満席・・・

え、この一台で終わりと思ったのですが、増便しているとのこと。

 

どうも1日と土日はこのような混みようだそうです。

何とか座れ、立っている人もいる中、1時間近くかけて、三峯神社へ。

 

バスはどんどん進み、山の中へ。

駐車場1.5キロ手前で大渋滞。平日にもかかわらず凄い車の数です。

 

途中下車も可能ということで、歩いて三峯神社を目指します。

鳥居に着くと「氣守」の頒布引換券を配布しているので、入手し、15分程歩き、社殿に向かいます。

三峯神社鳥居 頒布引換券

さすが、標高1102mのところにあるだけに、かなり肌寒く、身が引き締まります。

※帰りのバスの中で、山の中に設置されている気温計を見ると15℃しかありませんでした。

社殿の前に着くと御参りのため既に沢山の人が並んでいます。

三峯神社社殿

待つこと20分。

御挨拶、御参りさせていただくことができました。

そして社殿の彫刻。

とても綺麗です。七福神が見守ってくれています。

秩父三社(秩父神社・宝登山神社・三峯神社)はどれも綺麗で、これも見所のひとつです。

三峯神社彫刻

そして隣には、2012年に石畳に突如現れた赤い目の「龍神様」。

こちらにもお祈りさせて頂きました。

赤い目の龍神様

 

お守りを頂きに社務所に・・・

こちらはあまり混みあっていなく、すぐに頂くことができます。

 

お守り頂いたあと、3分程歩いたところに、

縁結びの御利益がある場所に夫婦木があります。

こちらにもしっかりとお祈りさせていただきました。

夫婦木

その他にも、御仮屋神社、山自体が御神体である場所がありますので、こちらにも御参りです。

御仮屋神社

秩父連峰御神体
そして、帰り際に並んで、立派なご神木よりパワーを注入。

手を触れると、気が体中に満ちてくるのを感じることができます。

ご神木

お昼ごろだったのですが、社殿にはさらに凄い行列ができていました。

社殿前行列

白い氣守を頂ける1日、土日に御参りになされる場合には、

かなり早い時間に来られた方がよいと思います。

 

ブログランキングに参加中です。
応援して頂けますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自分らしさブログランキング