今回のパワースポット巡りの旅は、『平将門の首塚』です。

呪い・崇り、心霊スポットとしても有名ですが、

一部の人の間ではパワースポットとして勝負運の御利益を与えてくれるとも言われています。

 

何故ここにあるのかは御存じの方もいると思いますが、

京都で晒されていた平将門の首が飛んできて、落ちたところがこの場所。

そして、村人達が首塚を築いたものの、しばしば祟りをなしたそうです。

江戸城築城の際、家康は平将門への挨拶を欠かさなかったと言われています。

 

その後、関東大震災後、大蔵省が建てられたそうですが、病人が続出し、人が亡くなり、落雷で大蔵省全焼したとか、

アメリカ進駐軍が戦後、ここに駐車場をつくろとしたが、ブルドーザーがひっくり返り死人が出たとかで、

粗末にすると祟れるとされるので、呪いがあると言われているそうです。

鎌倉時代になってから供養が行われ、現在は神田明神に将門の霊が祀られています。

平将門の首塚由来

パワースポット巡りを始めた時、

東京(江戸)のパワースポットを巡るなら、まずここに御挨拶した方がいいですよと言われました。

 

実際行ってみたものの、場所がなかなか分からず右往左往。

あれどこって感じでしたが、やっと見つけました。

ほんと都心のビル群の間にあるんですね。

都旧跡将門塚

でもそんな祟られる、呪われるというような雰囲気はなく、綺麗に整備され、

私が行った時も、地元の人がきちんと掃除をされていました。

平将門の首塚

敬意を払い、きちんと心を込めて御挨拶させて頂きました。

 

呪いか御利益が得られるか、信じるも信じないもあなた次第です!

私は御利益があると信じますよ。

※心霊スポットだからとかで遊び半分で決して行かないで下さい。そういうことをするから崇りがあるんです。

 

ブログランキングに参加中です。
応援して頂けますと嬉しいです!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
自分らしさブログランキング